お知らせ

いづみの迎え火、送り火

2016年8月26日
いづみでも、迎え火を13日に、送り火を15日行いました。
みんなで手を合わせ、ご先祖様に思いを馳せました。

いづみの迎え火送り火 (1)

迎え火は、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です

家の門口や玄関で、麻がらを折って積み重ね、火をつけて燃やし、迎え火として先祖の霊を迎えます。(麻ガラはスーパー等で購入できます))

送り火は、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事です

再び同じ場所で、麻がらを折って積み重ね、火をつけて燃やし、先祖の霊を送り出します。)